川きゅう(センキュウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●川きゅう(センキュウ)

川きゅう(センキュウ)生薬・漢方薬の通信販売

第二類医薬品、神農本草経の上品に「窮芎」の原名で収載されています。
図経本草のなかで「関陝、川蜀、江東の山中に多くあるが、蜀、川の産がすぐれている。」といい、一般に四川省産の窮芎が良質で有名であったことから「川芎」のなが通用されるようになった。

起源
  • 日本産:セリ科のセンキュウの根茎を通常湯通しして乾燥したもの。
    本種はすべて栽培品である。
    東南アジアの市場ではこれを「日芎」と称する。
    もともと江戸期に中国から移植し栽培化したもので現在北海道東北地方、奈良県などで栽培されていますが結実しないためその植物分類学的位置がいまだ確定せず、牧野博士のなずけた学名が正しいかどうか不明である。
  • 中国産:セリ科のligusticum chuanxiong HORTORUMの根茎を乾燥したもの。
    以前中国産はL.wallichi FRANCHETであるとされていた。
    HORTORUMの名がしめすように本種もまた、栽培植物からの命名です。
産地 日本産は主として北海道、東北地方。江戸時代には九州で栽培されていましたが、そのご東北地方に移り「仙台川芎」のなが高まった。
しかし、現在ではほとんど北海道です。中国産の川芎は四川省で主産、近年吉林省でも栽培されています。
成分 精油12%中に、リグスチリド、ブチリデンフタリド、ブチルフタリド、ネオクニギリド、クニジリド、セダノリド、センキュウノリドなどが含まれています。
薬理作用 鎮静 (水エキス、エーテルエキス) 。発情期の促進 (エキス) 。皮膚粘膜刺激 (川芎油;外用) 。血管運動中枢、呼吸中枢 (中国産川芎油:少量で興奮、大量で抑制) 。中枢性筋弛緩、平滑筋弛緩 (リグスチリド) 。
応用 補血、強壮、鎮静、鎮痛、駆お血薬として、冷え性、貧血、月経障害などに応用する。
処方例 芎帰膠艾湯、当帰芍薬散、四物湯など。
用法・用量 煎剤、散剤、1〜5g (3〜9g) 。
川きゅう(センキュウ)生薬・漢方薬の通信販売
川きゅう 中国産日本種 小刻み 500g
1,500円(税込1,620円)

注文数

川きゅう 日本産 丸切 500g
2,200円 (税込2,376円)

注文数

川きゅう 日本産 刻み 500g
2,000円 (税込2,160円)

注文数

川きゅう 日本産 粉末 500g
2,400円 (税込2,592円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366