アガリクス:生薬、漢方薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●アガリクス

カワリハラタケ「アガリクス茸」:生薬・漢方薬の通信販売
健康食品

ブラジル生まれの日本育ち

いわゆる「アガリクス茸」は、学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリルAgaricus Blazei Murill」、和名を「カワリハラタケ」という担子菌類ハラタケ科のきのこです。
原産地は、ブラジルのサンパウロ郊外ピエダーテ地方。現在では、環境の変化などにともない、ほとんど自生しておらず、ブラジルでも人工的な栽培によって収穫されています。
そして、その生産量は、乾燥品で年間10数トンといわれれおり、そのほとんどが現地で消費され、一部がアメリカの研究用に輸出されているだけです。
日本には一本のアガリクス茸もはいってきてません。又、他の所でも30数類のアガリクス茸を、発見されているが、詳細は不明です。
日本においては、1993年大手医薬品メーカーが安全性の高い培地の開発により、安定栽培に成功。一挙に流通が拡大しました。アガリクス茸の流通量、研究開発の進捗状況では世界一といっていいでしょう。
現在この大手薬品メーカーが、安全性・科学的データの確かさなどにより健康食品として国内の70〜80%程度を供給しております。

アメリカでスタートした研究

アガリクス茸は、アメリカの科学者による研究発表が行われ、まずアメリカで脚光を浴びました。
その後、日本においてもアガリクス茸に関する研究発表が日本癌学会や日本薬理学会で行われています。
さらに、日本農芸化学会、糖質シンポジウム、日本獣医学会、最近では、日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT) などで研究発表があり、 「協和アガリクス茸」の研究では、多糖体の他にも数種類の新規有効成分が発見され (特許出願中) 、注目されています。
アガリクス茸の食効は、これらの有効成分の総和として顕れており、今後ますます研究が進んで行くものと思われます。
現在、化学療法などによる副作用が問題になっている折り、きのこなどの天然物による代替療法は、今後ますます注目されています。

オーガニックアガリクス茸:生薬・漢方薬の通信販売
アガリクス ブラジル 生 100g
16,000円(税込17,280円)

注文数

アガリクス ブラジル 生  500g
44,000円(税込47,520円)

注文数

アガリクス 中国 生 500g
13,000円(税込14,040円)

注文数

アガリクス 中国 粉末 500g
14,500円(税込15,660円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366