灯心草(とうしんそう、トウシンソウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●灯心草(とうしんそう)

「第三類医薬品」
日本全土、朝鮮、中国に分布し、水田の畦や湿地に自生するイグサ科の多年草であり、イグサの全草あるいは髄を用いる。
日本ではトウシンソウというが、古くからはイまたはイグサと呼ばれ、その茎は畳表や花むしろの材料として利用されてきた。
室町時代から栽培されるようになり、特に江戸時代以降は備後・備中で栽培されていることは広く知られている。
イグサの髄は白くて弾力性があり、それをとってロウソクの灯明の芯に用いた。
江戸時代は灯心草は生活必需品でもあった。
生薬としてはこの髄を乾燥したものである。
全草にはキシラン、アラバンなどの多糖類やフラボノイドのルテオリンが含まれている。
漢方では排尿障害、浮腫、不眠、小児の夜鳴きに用いられている。
これを黒焼きにして粉末とし、乳首に塗り小児の夜鳴きに飲ませるという言い伝えもある。
イグサを噛み砕いて傷の止血に用いる民間療法もある。

灯心草(トウシンソウ):生薬・漢方薬の通信販売
灯心草 中国 刻み 500g
4,000円(税込4,320円)

注文数

灯心草 中国 粉末 500g
5,000円(税込5,400円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366