竹節人参(ちくせつにんじん、チクセツニンジン):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●竹節人参(ちくせつにんじん、チクセツニンジン)

竹節人参(ちくせつにんじん、チクセツニンジン)生薬・漢方薬の通信販売

「第三類医薬品」
竹節人参が医療に用いられるようになつたのは、江戸時代初期寛永年間に清国の帰化人、何欽吉が薩摩においてこれを発見し採集して使用したのが始まりとされている。
正倉院に「竹節人参」と題記されたものがあるが、これは後人が書き誤ったもので、明らかにオタネニンジンの根茎部であって、今日の竹節人参ではない。

起源 ウコギ科のトチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものである。
葉がトチノキの葉に似ているところからトチバニンジンの名前が付いた。
産地 日本各地に広く産する (福井、長野、奈良、群馬、香川、鹿児島など) 。
中国の薬局方 (中国薬典) でも「竹節人参」が規定され、同じ起源植物を用いるとされている。
一般に四川省に産するが、市場に流通しているものは大きさ、形状において若干異なり、日本産と同一起源のものかは不明です。
成分 サポニン約7%を含有し、主サポニンはチクセツサポニンであるが、チクセツサポニンIa、III、I(ジンセノシド)も含有する。
薬理作用 鎮静、鎮痙、解熱、鎮咳、去痰、腸管自動運動増強、ストレス性潰瘍抑制 (チクセツサポニンII) 。コリン様作用、ヒスタミン遊離、消化性潰瘍抑制 (非サポニン分画) 。血糖低下 (粗サポニン分画、チクセツサポニンV) 。
応用 去痰、解熱、健胃薬として用いる。人参にくらべて新陳代謝機能の賦活作用は劣るが、健胃、解熱、去痰作用は勝るといわれる。
吉益東洞は竹節人参を好んで用いた。免疫力を高める作用があり、心下痞硬には人参より効果がある。
近年はがん患者にも好んで使われるようになってきた。
処方例 人参の代用として小柴胡湯、半夏瀉心湯などに配合される。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤。1日1.5〜6g、粉末の場合3〜9g。
竹節人参(ちくせつにんじん、チクセツニンジン)生薬・漢方薬の通信販売

竹節人参 日本 刻み 500g

竹節人参 日本 粉末 500g

竹節人参 中国 刻み 500g

※よく併用される生薬※

カワラタケ

赤霊芝・黒霊芝

※代用される生薬※

田七人参

オタネニンジン

日刊現代の欠実記事

日刊ゲンダイ、竹節人参|生薬・漢方薬の通信販売

>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366