彼岸花根(ひがんばなこん、ヒガンバナ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●彼岸花根(ひがんばなこん、ヒガンバナ)

非食品です。鱗茎を生薬名で石蒜(せきさん)といっている。

彼岸花根、生薬・漢方薬の通信販売

ヒガンバナは日本の本州以南、中国の温帯に広く分布するヒガンバナ科の多年草で、ヒガンバナの鱗茎を用いる。
石蒜(セキサン)
ともいう。

9月下旬、秋の彼岸頃に鮮やかな赤い花をつけるので彼岸花と呼ばれ、赤い花を意味する曼珠沙華(マンジュシャゲ)という別名もある。
有毒植物であり、かっては鱗茎をすりつぶして水にさらし、毒抜きをすると食べられるため救荒食物として利用されてきた。
ヒガンバナの鱗茎にはリコリン、ホモリコリン、ガランタミンなどのアルカロイドが含まれ、誤って食べると、 嘔吐、下痢、流涎、神経麻痺などが起こる。
石蒜は民間では生の鱗茎をすりおろし、足の裏に貼って用いた。

成分のうちリコリンはジヒドロリコリンの製造原料となり、ガランタミンも利用されている。
リコリンは強い嘔吐作用があり、、ジヒドロリコリンは催吐作用があるので、毒性が強い。
何か他の毒物を飲み込んでしまった時に救急的に吐き出させる必要があるときに新鮮な鱗茎1〜3gを使うほかは
家庭ではむやみに用いてはならない。
この毒性のために縁起の悪い花として忌み嫌われている。

彼岸花根、生薬・漢方薬の通信販売
彼岸花根 日本 生 500g
2,100円(税込2,268円)

注文数

※併用される生薬※

唐胡麻

※足の裏に貼る場合は唐胡麻と併用することが多い。
唐胡麻と等量を混ぜすりつぶす。
唐胡麻は15個〜25個。彼岸花根は15〜30g。大きいものは1個、中くらいならばは2個程度。
唐胡麻は皮を金づちなどで叩き、取り除く。彼岸花根は球根の外側の茶色の皮をむき、白色部分を使用する。
すり鉢やミキサーで潰して水分はできるだけ除く。
唐胡麻と等量を混ぜたものをリント布などに貼り、足の土踏まずに貼る。
貼った後、ラップなどで包むと液だれを防げる。ミキサーやすり鉢は食用のものを使わない。

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366