精力剤

まむし粉末

天然の赤まむしを捕獲し、加熱処理し、天日乾燥してそのまま粉末にした真正のものです。
栄養補給、疲れたときや、体のだるいときに、ハチミツや水飴に混ぜて飲むとニオイも無くおいしく飲めます。
特に精泉ビンビン液や絶倫粉液と併用するとかつてないほどの力がでます
「反鼻 (はんぴ) 」 とはマムシのことである。マムシは沖縄を除く日本各地に生息している。全長は六十センチくらいで、胴が太く、頭は大きい三角形で、扁平なのが特徴である。上顎の前端に管牙を持ち、鼠やトカゲを食う。
マムシの毒は血液毒であるが、余り強くはない。命にかかわることは少ない。主な成分はアミノ酸、脂肪、コレステロールなどで、卵白 アルブミンより栄養価は高く、乳酸菌の増殖作用も認められている。反鼻を配合した処方には赤小豆湯や伯州散がある。滋養強壮にアルコール浸出液として内服したり、排膿に外用されてきた。一般的には精力剤として利用されたが、黒焼きにして外用に使われてきた。

赤マムシ粉末 100g 12000円 (税込12600円)