センナ葉:漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●センナ葉

センナ、生薬・漢方薬の通信販売

第A類医薬品
世界最古の医学文書「エーベルス・パピルス」 (紀元前1552年) に、ヒマシやアロエなどの下剤とともに収載されています。11世紀頃、アラビアのカリフの侍医により、アロエに代わる下剤として広くヨーロッパへ紹介された。

日本の薬局方でも初版から現在にいたるまでずっと収載されてきました。中国では近年になってから薬用とされたもので今世紀の初頭の書かれた「飲片新参」に「番瀉葉」の名でみられます。

起源 マメ科のチンネベリ・センナ、またはアレキサンドリア・センナの小葉。
チンネベリ・センナはインド南端で栽培されていたものであったためチンネベリ・センナの名で呼ばれ、アレキサンドリア・センナはアフリカのナイル中流域で栽培されアレキサンドリアに集散されたためアレキサンドリア・センナの名がある。
日本に輸入されるものは前者が多く、後者はあまりない。欧米ではアレキサンドリア・センナが多く用いられる。
産地
  1. チンネベリー・センナ:インド南端西ガード山系の東斜面にあるケララ州チンネベリー地方 (栽培品) 。およびラムナッド地方 (野生品) に産する。
  2. アレキサンドリア・センナ:アフリカのナイル川中流地方 (野生品) に産する。
成分 ジアントロン類 (センノシドABなど)。アントラキノン類 (アロエエモジン、レインなど) を含む。センノシドAよりもセンノシドBの含量が多い。
作用 蠕動運動促進 (センノシド類) 。
応用 緩下薬。少量で苦味健胃薬となり、消化を促進させるが、適量を用いると (3〜6g) 緩下作用を引き起こし食物の積滞、胸腹張満、便秘などを治す。特に熱結性便秘に用いられます。体力のない人には控えたほうがいい。
処方例 単味で用いることが多い。
用法・用量 粉末、流エキス、又は煎剤、粉末量としての一回分量は0.25〜0.5グラム 1日1〜3回服用しますが、通例大黄末と配合して用います。浸剤として用いることがある。
センナ葉 インド 生薬 500g
1,400円 (税込1,512円)

注文数

センナ葉(1号) 上品 インド 生薬 500g
2,600円(税込2,808円)

注文数

センナ葉 インド 刻み 500g
1,800円(税込1,944円)

注文数

センナ葉末 インド 粉末 500g
1,900円 (税込2,052円)

注文数

※比較参考される生薬※

センナ末(粉末)

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366