お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

小柴胡湯 (しょうさいことう)<第2類医薬品>

小柴胡湯 (しょうさいことう)

小柴胡湯は漢方でも肝臓病に使われる最も一般的な処方です。肝炎には急性と慢性があり、急性肝炎は原因からみると、肝炎ウイルスでおこるものがもっとも多く、そのほかのウイルスや薬剤の中毒などによる肝炎もあります。肝炎ウイルスによる急性肝炎は病原ウイルスの発見により、A型、B型、非A非B型に分けられています。ウイルス肝炎をおこすウイルスのうち、A型ウイルスは便中に排泄されますが、B型ウイルス、非A型非B型ウイルスは、血液や唾液などの体液に存在しています。したがって、A型肝炎は食品から経口的に感染しますが、B型、非A型非B型肝炎は輸血などのほか患者との接触、または食品を介しても感染します。ウイルス肝炎の予防でまず考えられるのはこれらウイルスに汚染された水や食品などをとらないことです。煮てたべるとまずA型肝炎にはかかりません。血液や体液にはB型ウイルスや非A非B型がふくまれていますので、輸血が原因になります。A型肝炎の予防にはガンマ・グロブリンの注射が有効です。B型肝炎の予防にはワクチンと特殊なガンマ・グロブリンが有効です。成人では普通はワクチンを使います。急性肝炎の症状、食欲不振、発熱、のどの痛み、頭痛、関節痛、吐き気、腹痛など風邪や胃腸障害に似た症状ではじまり、全身がだるく、非常に疲れやすくなる特徴があります。濃い黄色の尿がでるようになり、発疹がでたり、リンパ節がはれたりします。約一週間ほどで黄疸がおこってきます。人によっては黄疸症状が起こってこないこともあるので注意を要します。慢性肝炎は、急性肝炎がなんらかの原因で治らずに慢性化したもので、病状の推移によっては肝硬変症に進行することもあります。慢性肝炎は病気の軽重や時期などによって、極めて幅の広いさまざまな症状を呈します。即ち全く自覚症状のないもの、食欲不振、だるい、吐き気、不眠など急性肝炎と同じような症状があらはれるものから、急速に肝硬変症に移行してしまうものなどがあります。慢性肝炎によくみられる症状としては、前記のほかに、腹部の膨満感、右上腹部の鈍痛や圧迫感、皮膚のかゆみ、関節痛、手掌紅斑、首・上腕・前胸部などにこまかい血管の拡張のみられるクモ状血管腫、アルコール類に弱くなる、出血傾向、黄疸、浮腫、腹水、女性では月経異常がみられることがあります。漢方では、慢性肝炎、急性肝炎と特に区別せず、その経過によって顔色や陰陽虚実に分類して処方をきめて治療します。急性肝炎、慢性肝炎とも証があえば回復に向かっての効果が期待できます。

用量 柴胡6 半夏5 黄ごん・大棗・人参かく3 甘草2 生姜4
目標 胸脇苦満があり、舌に白苔がついたり、口が苦かったり、心下から脇腹にかけて詰まった感じで苦しいもの 往来寒熱があるもの
適応症 かぜ、流感、気管支炎、肺炎、麻疹、マラリア、肋膜炎、肺結核膿胸、肺気腫、肝炎、胆嚢遠、肝機能障害
小柴胡湯エキス錠 180錠

小柴胡湯エキス顆粒 24包

小柴胡湯エキス顆粒 64包

小柴胡湯 煎じ薬 30日
©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366