蘇木(ソボク、そぼく):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●蘇木(ソボク、そぼく)

第二類医薬品、新修本草に蘇方木の原名で収載されている。
薬用より染色に多く用いられる。
「起源」
マメ科のスホウの心材を乾燥したもの。
「産地」
インド、マレー半島に主産する。中国(広西、雲南、広東など)
「成分」
黄色色素ブラジリン2%を含む。
「応用」
駆お血、鎮痛、抗炎症薬として応用される。
「用法・用量」
煎剤、1日2g。

インドからマレー半島原産で中国南部の台湾でも生育するマメ科の常緑小高木で、スホウの心材を乾燥したものを用いる。
スホウというには中国名の蘇方(そほう)の転じたもので、蘇芳とか蘇芳木とも言われる。心材にはブラジリンがが含まれ
空気中で酸化してブラジレインとなる。古くから赤色染料(蘇方染め)として有名である。
同じマメ科の植物でハナズオウがあるが、この花の色が蘇方染めに似ているところからなずけられた。
木部にはブラジリンのほかフェランドレンやオシメンなどを主成分とした精油が含まれる。
漢方では活血、通経、止血の効能があるといわれる。
外傷、無月経、産後のおけつに民間療法として。
蘇木(ソボク、そぼく)生薬・漢方薬の通信販売
蘇木 タイ 刻み 500g 2,000円(税込2,160円)
注文数

蘇木 中国 刻み 500g 2,300円(税込2,484円)
注文数

蘇木 中国 粉末 500g 5,200円(税込5,616円)

注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301