乾姜(かんきょう、カンキョウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●乾姜(かんきょう、カンキョウ)

乾姜(カンキョウ)生薬・漢方薬の通信販売

「第三類医薬品」

神農本草経の中品に「乾キョウ」の原名で収載されている。
キョウは彊なり。通常は彊は姜と約す。

起源 ショウガ科のしょうがの根茎。
現在日本市場には「生姜」と「乾姜」の二種類がある。
生姜はショウガの根茎のコルク皮を去り、そのまま乾燥したもの。乾姜は蒸乾したもの。乾燥した蒸し生姜といえる。
中国産のものには皮付きのもの(四川省産の均姜) もあります。
古来漢方処方で用いられる生姜は、いわゆる「鮮姜」のことで、ショウガの生の古根 (ひねしょうが) をそのまま使い、乾姜と方書に記されたものは乾燥品を用いています。
現在漢薬市場の生姜は、いはゆる漢方で言う「乾姜」で「乾生姜」と称している。
漢方的には生姜は辛温で発散の作用が強く、感冒や嘔吐の常用薬であるのに乾姜は熱性が強く、体内の冷えによる症状の治療に用いる。
乾姜の主な効能に温裏・補陽・化痰などがある。
これらの作用は熱性の強い附子と共通するが、古来より「附子は走りて守らず、乾姜はよく走りてよく守る」といわれている。
産地
  1. 中国。四川、貴州を主産地とする均姜、および浙江省 (台均姜) 、そのほか山東など。
  2. 日本市場品にはタイ、ベトナム、台湾などに産するものが出回っている。
    原産地はインド、東南アジアとする説が一般的ですが、春秋戦国時代の文献にも記載がみられることから、中国とする見方もある。
成分 精油を0.25〜3.0%含有し、辛味成分0.6〜1.0% (ジンゲロール、ジンゲロン) が含まれている。
薬理作用 中枢抑制 (ジンゲロール、ショウガオール) 鎮痛 (ショウガオール) 。プロスタグランジン生合成阻害 (シンゲロール) 。鎮痙 (精油) 。 伝導麻酔(水エキス) 。抗腫瘍 (水エキス) 。嘔吐抑制 (生姜汁) 。
応用 芳香性健胃、矯味、食欲増進薬、日本の漢方でいう生姜は、新陳機能を促進し、水毒を去る目的で嘔吐、咳嗽、腸満、陽実証の発熱、鼻詰まりなどに用いる。
一方、乾姜は腹冷痛、腰痛、瀉下等に用いる。一般に生姜は乾姜より健胃、鎮嘔の効が大であり、乾姜はもっぱら裏寒の証において中をあたためるために用いられている。
処方例 小半夏湯、小半夏加茯苓湯、大建中湯、苓桂朮甘湯
用法・用量 煎剤、3〜9グラム。粉末の1日最大量は1グラム。
乾姜(かんきょう)生薬・漢方薬の通信販売
乾姜 中国 刻み 500g
1,400円 (税込1,512円)

注文数

乾姜 中国 丸切 500g
1,800円(税込1,944円)

注文数

乾姜 中国 粉末 500g
2,700円(税込2,916円)

注文数

※比較参考される生薬※

生姜

金時生姜


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366