甘茶(あまちゃ、アマチャ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●甘茶(あまちゃ、アマチャ)

甘茶(アマチャ):生薬・漢方薬の通信販売

第三類医薬品
「基源」
 ユキノシタ科のアマチャの葉及び枝先である。ヤマアジサイの甘味変種である。
アマチャの生の葉は苦くて甘味はないが、発酵させると甘くなる。
「産地」
 日本(長野、山梨、青森、富山)など。
「成分」
 イソクマリン関連化合物、フラボノイド、有機酸など。
「応用」
 甘味料、矯味剤、口内清涼剤。糖尿病患者の甘味料、醤油、菓子、煙草の甘味料としても利用される。
「処方」
 局方アマチャ末として製剤に加味される。
「用法・用量」
 煎剤、散剤、丸剤。1日3〜10g。
「用途」
 釈迦の誕生日にかけて祝うあの「甘茶」である。この甘茶を家の周りに植えておくと
病魔が入り込まないという言い伝えが江戸時代からある。
アマチャはユキノシタ科の落葉低木で、高さは七十センチ程度である。
薬用とするのは葉である。葉を摘み、水を打ちながら木桶に詰め蓋をして一昼夜置く。
 発酵して湯気がでなくなったら、手で揉み天日で乾燥させる。
甘味成分はグルコフィロズルチンである、発酵するとフィロズルチンとなる。
 フィロズルチンは砂糖の1,000倍の甘さがある。
なお四月八日の灌仏会(花まつり)(別名、降誕会など)に、甘露の法雨のかわりとして甘茶を誕生仏に注ぐようになったのは江戸時代からといわれている。
医薬品の矯味剤として古くから使われている。

甘茶 日本 原形 100g
2,300円(税込2,484円)

注文数

甘茶 日本 生 500g
9,600円(税込10,368円)

注文数

甘茶 日本 寸切 250g
5,000円(税込5,400円)

注文数

甘茶 インドネシア 生 300g
4,200円(税込4,536円)

注文数

甘茶 日本 粉末 500g
16,000円(税込17,280円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366