芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう):漢方薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
 
漢方薬一覧へ戻る
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
漢方薬、生薬、民間薬
違いを考える。
 
生薬
生薬一覧へ戻る
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売

脚がつる/芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)<第2類医薬品>

芍薬甘草湯【傷寒論】

芍薬甘草湯は言わずと知れたこむらがえりの漢方薬である。予防として用いるより、つったときに服用することが多い。スポーツをする方は携帯していることが多い。
足がつる原因は正確にはわかっていないが、脱水、電解質バランスの乱れ、冷えがあげられる。芍薬は肝(筋)を補血し、甘草は諸薬の調和をはかる。この組み合わせが功を奏する。
芍薬甘草湯は筋肉の急激な引き攣れに用い、あまりタイプにこだわらない。
裏の急迫性疼痛にも用いる。胆石や腎石の疝痛、平滑筋の攣急にも用いられる。

「傷寒、脈浮、汗出で、小便数、心煩し、わずかに悪寒、脚攣急するに・・・足温かなる者には芍薬甘草湯を作って与えれば其の脚即ち伸ぶ。」(傷寒論・太陽病上篇)
「去杖湯(芍薬甘草湯のこと)脚弱力なく、歩行困難なるを治す」(朱氏集験方)

用量(1日量)

芍薬   4.0g
甘草   4.0g

※生薬名をクリックすると、各生薬の解説・販売ページへ飛びます。

目標

局所の筋肉が収縮し、痙攣しているので、腹直筋の攣急をともなっている。

適応症

四肢の疼痛 胆石や腎石の疝痛発作 胃腸痙攣神経痛 乳幼児の夜泣き 月経困難症 こむらがえり膝蓋痛 排尿痛 歯痛

▼芍薬甘草湯:シャクヤクカンゾウトウ(漢方薬の通信販売:価格表)▼

芍薬甘草湯
エキス錠
270錠
芍薬甘草湯
エキス錠
900錠
芍薬甘草湯
エキス細粒
30包
芍薬甘草湯
エキス細粒
90包
芍薬甘草湯
煎じ薬
30日分

芍薬甘草湯【煎じ薬の作り方】

漢方薬の煎じ方
(自分で生薬から漢方を煎じてみたい。そんな時にどうぞ。)

生薬の販売
(漢方処方の基本、生薬について。生薬を組み合わせて、漢方薬を煎じることができます。)
(各々の生薬について効能・効果を詳しく知る事ができます。)

★症状から漢方薬を探す
(お悩みの症状から検索して、どんな処方がいいのか大まかにわかります。)

体の部位で漢方を探す

自覚症状から漢方を探す

漢方薬販売
(その他の漢方処方薬を買いたい方はこちらをご覧ください。
各々の漢方処方について解説しております。)

漢方相談できます→「漢方問診表」
( ネット上から漢方相談が可能です。)


※※ご相談なさりたい場合は「漢方相談問診表」をご利用ください。


©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920-0981 石川県金沢市片町1丁目1-29混元丹ビル TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921-8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366

薬局内キーワード検索

www.kanpoyaku-nakaya.com を検索
お買い物かご
買い物かごでお買い物をすると100円に付き1ポイントたまります。ポイントは次回のお買い物から1ポイント=1円でお使いいただけます。
プライバシー保護 SSL
商品を注文するには
特定商取引法の表記
会社案内
サイトマップ
メールマガジン
みなさまの相談例
中屋彦十郎薬局の
ブログ薬日記
中屋彦十郎
YouTubeー紫根
twitter facebook