中屋彦十郎薬局TOP | 生薬・漢方薬 |  漢方薬・漢方相談 | ハーブ類 |  精力剤  | アクセス  |  サイトマップ  | 通信販売について

老人性痒い痒い症候群

老化現象の一つとして、皮膚の栄養や新陳代謝が低下し、かゆみがおこる状態である。
皮膚は乾燥して、鱗屑があり、白い粉が落ちるようなことはあるが、はっきりした皮疹のないのが特徴である。軽症の場合は、冬期だけ、それも入浴したりこたつなどで温まるとかゆみがでてくる。

  1. 当帰飲子
    虚証で陰証であるので、熱状はないが掻痒を訴える。皮疹はほとんどないか、あってもわずかである。皮膚がカサカサして細かい落屑がある。皮膚の枯燥と掻痒を訴えるものに用います。胃腸障害のない人に限ります。
  2. 十味敗毒湯
    皮膚に発疹もなにもないが、背中・腰・大腿部などがかゆい場合に  用いられます。
  3. 紫雲膏
    枯燥した皮膚に脂肪分を補給するだけで、かゆみが減少しかるくなることがあるので、皮膚に擦り込むと良い。
  4. その他
    小青龍湯、温清飲、竜胆瀉肝湯、四逆湯、八味丸などがあります。
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
思案橋薬局 〒920−0967 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-222-0108/ FAX 076-222-0108
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366