精力剤

至宝三鞭丸

至宝三鞭丸は12世紀の初頭、南宋の高宗に医師「華宏」が献上した皇帝専用の要薬で、「華宏」は、三国時代 (西暦2世紀) 歴史上著名な薬師「華陀」の末裔で、この先祖伝来の家伝薬とは、海狗鞭・広狗鞭・梅花鹿鞭・人参・大海馬・蛤かいなど約40味の動物・植物からなる処方で、当時は歴代王朝専用の要薬として受け継がれ、この薬方は、門外不出の貴重な秘伝でした。20世紀の初頭に至り、中国江南地方の漢方医であった「王日昌」が、偶然この処方を発見しました。後に、「王日昌」は、この処方を携えて、北方「煙台」に行き医院を開業し、「至宝三鞭丸」を製造し、自ら試していました。当時、1930年代の煙台は、薬屋の数が140軒以上もあり、北方の薬、南方の薬が入り混じり盛んに研究、販売されていた都市です。
鹿茸 (鹿の角) 、海狗鞭 (オットセイの陰茎、睾丸) 海馬 (大海馬の全体) 、鹿鞭 (鹿の陰茎、睾丸) 人参 (朝鮮人参) など38種の漢方薬を配合した、中国王朝に代々伝えられた宮廷密薬です。
精力旺盛にするときは、官経の働きを助け、強壮にしなければ正常な交接は行われないと云われ、気力、胆力を充実させ体全体に精気をみなぎらせること肝要です。

至宝三鞭丸 小粒 240丸 5000円 (税込5250円)
至宝三鞭丸 6丸*6 18000円 (税込18900円)
至宝三鞭丸 6丸 4000円 (税込4200円)