乙字湯、おつじとう

 
中屋彦十郎薬局 漢方・生薬 ハーブ類 野菜・果物粉末類 漢方薬・漢方相談  サイトマップ

乙字湯 (おつじとう)<第2類医薬品>

水戸藩の侍医原南陽の創方で、痔核の内服療法薬として有名です。疼痛、脱肛、出血の初期の痔には著効がある。慢性化した痔は続けて服用することによって好転する。

用量 大黄1 柴胡4 升麻1.5 甘草2 黄ごん3 当帰4
目標 便秘傾向があり、痔の痛み、かゆみ、出血があるもの
適応症 痔痛、痔出血、脱肛、陰部掻痒および疼痛
乙字湯エキス顆粒 45包

乙字湯エキス錠 180錠

乙字湯エキス顆粒 24包

乙字湯 煎じ薬 30日分


乙字湯 の煎じ薬の作りかた(30日分を用意するには)
上記生薬を注文する。


上記の生薬を買い求め一ケ月分をボールに入れかき混ぜる。
おおよそ均等に混ぜたら30ケに分け、1日分として利用する。
さらに詳しく知りたいかたは
煎じ薬の作り方」をご覧ください
©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL
本社・薬局/通信販売  〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場  〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366