生薬漢方薬のメールマガジン配信中!

生薬・漢方薬TOP  ハーブ類 野菜・果物粉末類 漢方薬・漢方相談 サイトマップ 精力剤 健康食品

生薬漢方薬は金沢中屋彦十郎薬局
 
中屋彦十郎がお届けする、金沢、生薬漢方薬についてのメールマガジン

「金沢の漢方薬、生薬専門店」バックナンバー

中屋彦十郎薬舗による「尾山のくすり大将」第35号   2002年12月2日


精力剤(六)

--------------------------------------------------------------------------------

 

女性のインポテンツについてお話してみたいと思います。

女性も更年期にはいると、頭痛やめまい、動悸、胃腸不調、腰痛、手足のしびれなどという身体の状態から、不眠、いらいら感といった心的な症状など、いわゆる更年期障害があらわれてきます。

 

そういう症状と同時に、卵巣の機能が低下するために女性ホルモンの分泌も低下してきます。

そうなると性欲がなくなり、SEXしても感じない、つまり不感症になったりします。

 

当然のことながら、女性ホルモンの分泌量がへると、膣を潤す愛液の量もへってきます。

こういう状態にもかかわらず無理に性交すればSEXの快感どころか苦痛になります。

つまり、更年期になると女性は一種の性不能状態になるのです。

 

これは、女性のインポテンツといっても過言ではありません。

女性は更年期を経て閉経、つまり生理がなくなりますが、それでSEXができなくなるわけではありません。

 

それどころか、性欲を抑える働きを同時に持っていた卵巣の機能が閉経とともに低下するために、性欲を促すアンドロージェンというホルモンが活躍するのです。

 

そのため、閉経から12〜13年後くらいまでが、その女性の生涯のなかで最も性欲の高まる時期だといわれているくらいです。

おまけに生理が終われば妊娠の心配がなくなるのですから・・・・

 

更年期のホルモン分泌量低下による不感症、若い女性でホルモンの少ないことからおきる不感症に対しては女性ホルモンを補充することによって治すことができます。

「ホルモンの補充療法」です。

 

このホルモンは、男性ホルモンを多用すれば女性でもヒゲが濃くなってきたり、女性ホルモンを男性に投与すれば乳房が大きくなってくることからもわかるように、非常に薬のきれがよく効果も抜群  です。

 しかし、連続服用を継続することが肝腎です。

そのため、精力剤の分野だけでなく、美容の分野でも利用されています。

アメリカの元大統領が常に男性ホルモンを補充することで若さを保った話は有名です。

 

これが医療の現場でも「ホルモン補充療法」として使われていますが、更年期の症状が改善されて肌や膣に潤いがでてきます。女性ホルモンはききがよく、閉経して五年ほど経った女性でも、また生理がはじまる位です。

 

塗り薬がありますが必要な時に必要な量を塗ることができますから、非常に効果的です。

結論から申し上げますと女性がホルモンの分泌低下により不感症や冷感症になった場合は女性ホルモンを補充することにより若い日の状態を保つことができると同時に、肌の色つやや肌のはりにも非常に効果的だということです。

 

化粧品を多用するよりも目に見えて効果が出てくること請けあいです。

 

●女性ホルモン剤   1.ヒメロス  \3,000円   2.セイノール \3,000円   3.メノック  \3,000円   4.鍵(膣のなかへ入れる座薬です。) \3,500円

 これらの薬には女性ホルモン(黄体卵胞ホルモン)であるエストラジオールとエチニルエストラジオールが含まれており、陰部に塗りこむことにより、皮膚粘膜から体内に吸収される仕組みになっています。  とくにエストラジオールは唾液をつけて塗りこむと吸収時間が早まります。

クンニリングスなどで陰部を十分湿らせておいて塗ればさらに効果的です。

 使用法はSEXをする5〜10分前に米粒大をクリトリス中心に塗布すればいい。

陰部がむずかゆく、ほてったような感じになり少しの刺激でも敏感に反応するようになります。

 

これらの塗布剤は匂いもなく、口にはいっても無害です。

 

鍵は膣座薬です。

これはSEXの15〜60分前に膣内の奥深く挿入しておくと内部で溶けて女性ホルモンが吸収されます。

性感が高まるだけでなく締まりもよくなります。

 

主成分のエチニールエストラジオールは膣を刺激して膣口の締める力を強くする働きがあるといわれています。

産後の女性、更年期後の女性に最適です。

--------------------------------------------------------------------------------

(発行者)(株)中屋彦十郎薬舗 中屋彦十郎  石川県金沢市緑が丘21-9

--------------------------------------------------------------------------------

掲載された記事を無断で転載することは禁じます。

生薬・漢方薬メニュー
〜生薬〜
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
 
〜漢方薬〜
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談中国漢方販売
 
〜薬用酒・茶・薬膳〜
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
薬湯(生薬を使った浴用剤)
 
〜精をつける〜
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
薬(医薬品)の作り方
 
〜生薬について考察〜
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
〜その他取扱品目〜
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
カレー粉の原料・通販
香辛料通販

下記症状の方ご相談下さい

足のつる人
浮腫 (むくみ)

せき・たん

口臭
花粉症・鼻炎・蓄膿症

前立腺肥大症
頻尿・排尿痛・残尿感
夜尿症

自律神経失調症
不眠・ノイローゼ

頑固なニキビで困っている
シミ、ソバカスを何とかしたい
肌荒れ・湿疹・アトピー体質
蕁麻疹
歳のせいか体がかゆい

流産ぐせ
なかなか子供ができない
やせすぎ

しゃっくり

ど忘れ・物忘れしたりやる気がない
膝がいたくて歩けない

e-shopsカレンダー

漢方薬・生薬の中屋彦十郎薬局
営業カレンダー



ツイッター


FaceBook


漢方
漢方


  Shop-Bell   漢方

漢方薬・生薬のランキング

漢方薬,生薬,薬草,健康食品,漢方相談の
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL
〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301