生薬漢方薬のメールマガジン配信中!

生薬・漢方薬TOP  ハーブ類 野菜・果物粉末類 漢方薬・漢方相談 サイトマップ 精力剤 健康食品

生薬漢方薬は金沢中屋彦十郎薬局
 
中屋彦十郎がお届けする、金沢、生薬漢方薬についてのメールマガジン

「金沢の漢方薬、生薬専門店」バックナンバー

中屋彦十郎薬舗による「尾山のくすり大将」第38号   2002年12月22日


加賀藩の秘薬(四)

--------------------------------------------------------------------------------
我が国に売薬がひろめられたのは足利時代ころといわれています。

 それ以後、戦国時代から江戸時代には諸国で盛んに売薬が製造されるようになりました。

 前田利家が金沢入城前にも疫病が流行し、多くの兵士や人々が病没しました。利家入城後もよこね、疱瘡などの流行病、癪などの慢性病が蔓延した。

 いかにして病を得ず生活できるかは重大な課題であったわけです。眼病、麻疹、マラリアなどが流行し、ことに疱瘡にかかった人は悲惨を極めたようです。

 歴代の藩主は表向きの政治、経済の運営、治安の維持の他に流行り病や慢性病、日常の病気  に対応しなければならなかったのです。

 あの五代藩主前田綱紀公でさえ、晩年は眼病にかかり江戸への参勤交代もできなかったくらいです。

 種痘がなかった時代ですから、寛文年間に疱瘡が大流行したときは日常の政務や行政事務に差し支えるほどだったというのです。

 ですから、藩主一族の独占物であった薬も公開し、治療の用に供したのですが、如何せん抗生物質や副腎皮質ホルモン、各種の抗菌剤のない時代ですから、できることは免疫力をたかめるように日頃から薬を飲み体を鍛えることが一番の対応策だったのです。

 綱紀公が亡くなった享保9年(1724年)から文化3年(1806年)に至る82年間は、藩政の沈滞期で、天災も相次ぎ、庶民は長期間の飢饉と悪疫の流行に悩まされ、藩政期としてはもっとも暗い時代でした。

 また、綱紀公の積極財政で、財政の破綻も起こり、享保16年には藩は幕府から15万両の借金をせざるをえないほどでした。当時加賀藩では「痘瘡、麻疹の流行には牛糞を用いる事」という布告をだしています。牛糞が痘瘡、麻疹に有効であったかどうか、極めて疑問ですが、全く効果がないかどうか誰にもわからない。

 加賀藩に、1864年種痘法が導入されるまでどういうふうに  対処していたのか、多分隔離と差別が横行していたであろうことは想像に難くない。

 天然痘は人類にとって恐怖の流行病でこの病気の流行で殆ど町がなくなるほどだったのです。疱瘡の予防は英医ゼンナーの牛痘接種法(1796年、寛政8年)により予防が可能となったが我が国に伝えられるまでには68年間の時間を要したのです。

 鎖国政策と情報の遮断が多くの不幸をもたらしたのです。正徳5年(1715年)加賀藩で発行された「六用集」には当時金沢で売られていた有名売薬が網羅されています。代表的な販売店として31軒の店が紹介されています。

 その中で「丸、散、丹の合薬は多くありすぎて記すに及ばず、各薬種屋に伝えられている名方の家伝薬のみを記す事にする。」と述べられています。

代表的なものを紹介してみます。
  (イ)、たちばなや
  一.長屋 毒消し丸
  二.粟田 白蛇散
  三.庄田 万金丹
  四.小林 黒薬
  五.三輪 振薬

  (ロ)、宮竹屋
  一.紫雪
  二.耆婆万病円
  三.烏犀円

   (ハ)、千代屋
   三瘡膏薬

  (二)、中屋
  一、耆婆万病円
  二、紫雪
  三.烏犀円
  四.息命丹
  五.蘇香円
  六.混元丹
  七.金徳丹
  八.豊心丹
  九.清心丹
  十.玉膏丹
  十一.牛黄円

  (ホ)、能登や
  一.衆妙丸

  (へ)、喜多村屋
  一.庄田万金丹
  二、痢病薬
  三、有明

  (ト)、福久屋
  一.蘇香円
  二.烏犀円
  三.耆婆万病円
  四.紫雪
  五.至宝丹
  六.山田黒薬

 このほかに、24軒の店と35の薬が収載されています。
日常の生活を営むうえでのくすりは揃っていたように思いますが、流行り病にたいしては無力でした。
 罹れば10人中8,9人は死ぬというのが当時では当たり前だったのです。
 ペニシリンが我が国に輸入されたのが昭和20年代ですから、それまで長い長い年月がかかったのでした。
--------------------------------------------------------------------------------


(発行者)(株)中屋彦十郎薬舗 中屋彦十郎  石川県金沢市緑が丘21-9
--------------------------------------------------------------------------------
掲載された記事を無断で転載することは禁じます。

生薬・漢方薬メニュー
〜生薬〜
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
 
〜漢方薬〜
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談中国漢方販売
 
〜薬用酒・茶・薬膳〜
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
薬湯(生薬を使った浴用剤)
 
〜精をつける〜
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
薬(医薬品)の作り方
 
〜生薬について考察〜
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
〜その他取扱品目〜
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
カレー粉の原料・通販
香辛料通販

下記症状の方ご相談下さい

足のつる人
浮腫 (むくみ)

せき・たん

口臭
花粉症・鼻炎・蓄膿症

前立腺肥大症
頻尿・排尿痛・残尿感
夜尿症

自律神経失調症
不眠・ノイローゼ

頑固なニキビで困っている
シミ、ソバカスを何とかしたい
肌荒れ・湿疹・アトピー体質
蕁麻疹
歳のせいか体がかゆい

流産ぐせ
なかなか子供ができない
やせすぎ

しゃっくり

ど忘れ・物忘れしたりやる気がない
膝がいたくて歩けない

e-shopsカレンダー

漢方薬・生薬の中屋彦十郎薬局
営業カレンダー



ツイッター


FaceBook


漢方
漢方


  Shop-Bell   漢方

漢方薬・生薬のランキング

漢方薬,生薬,薬草,健康食品,漢方相談の
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL
〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301