お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

鼻炎・蓄膿症

鼻炎は鼻の粘膜がおかされてはれ、粘液性または膿性の分泌物がでてくる状態で、急性鼻炎から慢性鼻炎になる事が多い。また鼻アレルギーといって、くしゃみ、鼻水、鼻ずまり、のでる「アレルギー性鼻炎」もある。蓄膿症 (副鼻腔炎) は鼻腔の周囲にある骨の中の空洞に、炎症がおこり、膿汁が流れ出る病気で、鼻たけができたり、鼻ずまり、頭重、不快感、集中力の欠如などの傾向がでる。漢方では、鼻の病気は一種の体質病とみて、食物の不正 (偏食・砂糖のとりすぎ・肉食や加工食品の食べすぎ・野菜不足など) を修正するとともに、体質改善を目標に、それぞれの人にあう処方を用い、全身的に治療するのです。

  • 葛根湯 ・葛根湯加辛夷川芎
    胃腸の状態が普通の人で、肩や首の後ろがこり、頭重、鼻ずまり、鼻水がでて、汗がでる気配がない場合に用います。
  • 大柴胡湯 四逆散 小柴胡湯 柴胡桂枝乾姜湯
    この四処方は柴胡剤で、体力と体質の強弱によって使いわけます。胃腸・肝臓系統の弱い人に用いると風邪などひきにくくなり、鼻ずまりなどの鼻炎症状も改善されてきます。
  • 防風通聖散
    前述の通りです。
  • 荊芥連翹湯
    体力は普通以上あり、色は浅黒く、アレルギー体質、湿疹などがあり、腹直筋が緊張し、手や足裏にあぶら汗の多いもの、青年期の体質改善に効がある。
  • 苓桂朮甘湯
    胃下垂や胃アトニーのある人で、立ちくらみやめまいの伴う鼻ずまり・蓄膿症に、柴胡剤を合方して用いる。
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301