お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

黄疸

黄疸では白眼の部分が黄色くなります。胃の具合が悪く、ムカムカして食欲が減退し、発熱を伴うなどの症状があらはれて、白眼が少し黄色っぽくみえれば、急性肝炎の前兆と考えて間違いありません。
休養と安静が大切で、栄養もバランスよくとる必要があります。酒、たばこ、カレー、ニンニクパセリ、トウガラシ、こしょうなどは厳禁です。

  1. 茵蔯蒿湯
    吐き気、食欲不振、胸内苦悶、便秘、尿量減少、発熱、黄疸のある時に用います。
  2. 小建中湯
    虚証で、黄疸で尿が多量に出る時に用います。
  3. 人参湯
    高麗人参のエキスや錠剤があります。舌は乾燥していないが、食欲不振悪心、嘔吐、下痢などがあり、裏が虚して寒のあるものに用いる処方です。
  4. 大柴胡湯
    実証のひとで、胸脇苦満の腹症が著名で尿のでは少なく、便秘のある場合に用います。
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301