ガラナポーン,精力剤

 
中屋彦十郎薬局TOP | 生薬・漢方薬 |  漢方薬・漢方相談 | ハーブ類 |  精力剤  | アクセス  |  サイトマップ  | 通信販売について

ガラナポーン

一錠中に塩酸ヨヒンビン5mg、ガラナエキス 0.3mgを含有した製剤である。老衰性陰萎、衰弱性射精、神経衰弱性射精に効果がある。大人一回一錠、一日三回までの服用です。

塩酸ヨヒンビンについて

ヨヒンビンは西アフリカに産するアカネ科植物Pausinystalia johimbeの主用アルカロイドです。塩酸ヨヒンビンは比較的副作用は少なく、選択的に生殖器の官能に作用します。血管壁に作用して皮膚・腸管・、殊に陰部を腫脹させます。また、仙骨髄の勃起中枢に作用して、その機能を亢進しますが、他の反射機能には作用しません。内用には1日5〜15mg使用します。副作用として心悸亢進、不眠症、めまい、発揚状態、胃の圧迫感及び虚脱症をみることがあります。泌尿生殖器に炎症のある患者、慢性心疾患、強度の低血圧症には控えて下さい。 (薬理学 森島庫太 p509、510, 1965、Wien Med.WochenschriftNikolowskiW 125巻5号 p75〜78,1975)
塩酸ヨヒンビンを投与して、効果のでるのはゆつくりしていて、最大の効果が発揮されたのは2〜3週間後であった。1週間で非常に良いという反応は8.5%、良くないが47.1%であったが、3週間目までに非常に良いは14.1%、良くないは17.1%に、10週間目には非常に良いは43パーセントまで増加し、良くないは4%まで減少した
また、10000人の患者の年齢は631%が41〜60歳だった。Current Therapeutic Research Robert MargolisMD 13巻P616〜622 1971塩酸ヨヒンビンの使用量は5rを1日1〜3回、3〜4週間服用する。極量は1回30〜100rである。致死量についてははっきりしないが、1.8グラムの塩酸ヨヒンビンを誤って服用した例はあるが、副作用はあったが、死亡までには至らなかった。数週間ごの検査では中毒症状も消えてしまった。
Handbuck der Hant unt Geschts KrankheitenErgenzunswerkBd6Tl 3 p743〜749 1960結論として塩酸ヨヒンビンは一度で効果をもたらす例は少なく、長期になればなるほど効果が高くなります。治療が目的です。

ガラナについて

ガラナは、アマゾン原産の匍匐性低木です。青々と茂ったアマゾン熱帯雨林では高さ12m位まで成長します。小さくて丸みを帯び、色は明るい赤で房になっています。実が熟するとはじけ、中から黒い種が姿を現し、あたかも目のような姿は原住民の間でよく語られています。
南米インディヘナの部族、特にガラナの名前が由来しているガラニス族では、乾燥させた種を煎り、水と混ぜてペースト状にします。
そしてそのペーストはチョコレートと同様の方法で、様々な食品や飲み物、薬品の原料の一つとして利用されています。
熱帯雨林の先住民の間ではガラナは主に、興奮剤や鎮痛剤、慢性の下痢の治療などに用いられて来ました。植物学者の間ではガラナの利用法として、動脈硬化予防、効果的な心臓血管薬、鎮痛、収斂、解熱、興奮作用を期待して強、高血圧、偏頭痛、神経痛など目標にしています。

最近では

ガラナは広く普及し、その興奮作用が良く知られていますが、米国ではガラナは、精神覚醒、疲労回復効果、肉体的耐久力、スタミナ増強等の作用があることで知られています。
原産国のブラジルでも毎日欠かさずにとる健康強壮剤として数多くの人に愛用されていて、発熱による体力消耗、早老防止、浄血、腹の張り (胃腸内にガスが溜まるなど) 、肥満、消化不良、疲労回復、動脈硬化に有効であるとして広く知られています。
生薬としては目的には1日4〜5gの服用が良いと報告されています。

ガラナポーン 18錠6000円 (税込6,480円)

ガラナポーンの販売は店頭販売に限定しています。詳細は当店宛お電話 (076−231−1301) していただくか、或いはFAX (076-231-1301) 、メールしてください。
ガラナポーンより、もっと効果のあるものがありますのでよく相談してから決めたい方はとにかくお電話ください。

お問い合わせ

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
思案橋薬局 〒920−0967 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-222-0108/ FAX 076-222-0108
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366