金沢の観光情報。坂道のある街(6):生薬・漢方薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●坂道のある街、金沢(6)

金沢観光坂道1234567用水123456土塀123
混元丹飴 前田利家公飴

坂道のある街、金沢

「ダブル坂」

旧制四高生が名付けたといわれるこの坂は桜橋から寺町台へ上がる近道である。現在は近くに自動車道があるので近隣の人を中心に利用されている。坂を上った右手に小さな公園がある、ここからの市街地の眺めもなかなかである。ダブル坂というのは後々に名付けられた名称で、石伐り坂が正解である。坂の上は藩政時代には石工の職人町だったという。
「朝食をすませてから、洪作は散歩に出た。昨日登ったW坂まで行き、そこから犀川と金沢の町を眺めた。犀川の流れは美しかった。白い磧を抱くようにして、大きく身をくねらせながら、一本の長い青い帯が置かれている・・・・犀川の向うに、黒い屋根瓦の町が拡がっている。半ば樹木に埋まっているような緑の多い町である。そしてその町の向うに丘陵が見えている。この方は全く緑に覆われた丘である。(井上靖「北の海」)

拡大

「桜坂」

上の石伐り坂を右に見ながら真っ直ぐ上に伸びているのが桜坂である。金沢城からの眺めよくするために桜が植えられたといわれるが、これが事実とすれば当時の藩士は余程、目が良かったのかなと思ったりする。この坂は上がり口で右へカーブしているが、そこで車を路肩に寄せて市街を眺めると爽やかな風が心を癒してくれる。

拡大

「新桜坂」

桜橋を渡って左に進むと桜坂である、右にカーブしながら自動車道路を進んで行くとこれが新桜坂である。都市計画道路で狭いが金沢では幹線道路である。観光バスも道幅一杯を占有して下りてくるのに時々でくわす。西部地区から金沢入りした車の兼六園への近道である。桜橋は多くの文学作品に登場してくるのでよく知れれた橋である。島田清次郎の「地上」や室生犀星の「性に目覚める頃」の舞台になった犀川は写真下の所を日本海に向かって流れている。

拡大

「暗がり坂」

尾張町から主計町へ抜ける近道である。昔、遊郭のあった頃、旧下新町にある久保市神社へお参りするするふりをして、境内を通り抜けて一気にこの坂を下れば、全くの別世界である紅灯の巷へたどりつくことができた。暗がり坂ともよばれる。
久保市乙剣宮の境内から暗がり坂へ通じるが、この神社の斜め向かいには泉鏡花の生家があり記念館として入場できるようになっている。
「あそびなかまの暮ごとに集ひしは、筋むかひなる懸社乙剣の宮の境内なる御影石の鳥居のなかなり。いと広くて地を綺麗に掃いたり。榊五六本、秋は木犀の薫みてり。百日紅あり、花桐あり、また常盤木あり。」(照葉狂言)
泉鏡花は明治23年、18歳のときに尾崎紅葉を頼って上京し大成した。

拡大

「長良坂」

下菊橋から寺町一丁目へ伸びている坂である。左隣には金沢を代表する料亭「金茶楼」がある。旧の長良町へ上がる坂だったのでこの名が付いたという。

拡大

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301